ネムリエ社長のきまぐれコラム

オーベルジュとカーニバル

【ボルドー空港~Puymirolへ】

ボルドー空港に植えられた若いブドウの苗木
Puymirolはこの辺り

ボルドー空港に着いたのが(08年)2月29日。
 パリでは気温10度以下でコートを手放せなかったのですがフランスでもかなり南に来たボルドーは15度を越しひなたに出るとセーターも脱ごうかな?という気温。

 新しい空港の中にはブドウ棚を作るつもりか、まだ若いブドウの苗木が整然と植わっていました。「これは赤ワインしかないでしょ」と胸の中で想いつつ、今日のところはアジェン行きの列車にのるため、空港から鉄道駅に急ぎました。

 1時間半、ゆっくりとした列車に揺られアジェンへ到着、ここからタクシーで30分走ったPuymitrol(読み方不明)という町が目的地です。

 Puymitrolの町の周りはとてもきれいなフランスの田園風景ですが、その町は細長い丘の上にあり、まわりはきりたった崖のような感じです。(車で登ると耳がすこし痛くなる高さです)

頂上に教会やその日に泊まるオーベルジュがあるのです。


【山の上のオーベルジュ】


タクシーが到着し、トランクを下しながら大きな木製の扉を叩くと中から品のいい女性が開けてくれました。

天蓋付きのベッド

案内された3階にある部屋は18世紀の家具、天蓋付きのベッドです。
 ベッドの足元には寝られるような大きさのカウチ、

そういえばパリのギャラリーラファイエット(デパート)のベッド売り場でも脚元にカウチをデザインしたテーブルが置かれていました。
 以前、ルイ王朝時代の博物館に行った時に、従者が主人の寝室脇で寝るための場所としてベッドと共にカウチが展示されていましたのでベッドとカウチは相性がよろしいようです。



ギャラリーラファイエットのベッド売り場
バスルームのバスタブもだいぶんレトロ、シャワーは別に付いていて困りません。
テレビなど興ざめなものは隠しています。

【夕暮れのピュイミロール】

フランスの掛け布団カバーにはこんな形があります。
ここから掛け布団を入れるだけ、ファスナーは付いていません。

   初めてオーベルジュへ泊った時、オーベルジュというものを知らず、きれいなホテルのつもりで日本からインターネットで宿泊を予約していて、
到着後食事を取るかどうか迷っていると変な顔(あんた方なにしに来たの?という顔)をされた事がありました。

 まだ明るかったので食事の予約の時間を伝え、ちょっと散歩。 左の地図は山の上の道が描かれています。長さ1kmもないような山の上にだけ町があるわけです。

夕暮れのPuymitrol は建物が石造りでだれも歩いていない静かな町、数世紀前に
タイムスリップしたような感じ、頂上部分をすこし歩くと目のまえにずうっと遠く
まで夕暮れの田園風景が広がっているわけです。感動するほどきれいです。
頂上の周りは360度このような視界が広がっているようです。旅行には非日常感を求めて来るのですが、その意味でこのロケーションは今まででトップクラスです。
頂上部分を半周ほどすると雨が降ってきたので撤収。


【不思議の国のアリスの世界に迷い込む】

着替えて夕食へ、ヨーロッパの高級レストランに行くとテーブルに案内される前にお酒を飲みながら時間を過ごすスペースがあり、今回もそちらを利用するかどうか?を聞かれたのですが、私には食事の前にくつろいだ空間でゆったり時間を過ごす贅沢?が身についていないので「ここで何をしたらいいの?」という感じになってしまいます。
 最初はこの場所は待ち合わせなどの為の空間かな?と思ったのですが、今回のように全員揃っているのが判っている場合でも聞いてくれます。
 食事の時間だけでも2時間以上ある場合もあるので、おしゃべりならば、食事をしながらでも充分ゆっくりと出来るのですが、やはりこの空間で過ごす時間には意味があるようです。
 食事をする部屋のインテリアがまた、なんとも言えない雰囲気で、写真では伝わらないかもわかりませんが、数世紀前のモチーフでありながら、ちょっと風変わりで奇妙な感じも。
 ダイニングテーブルの脚はライオンの脚のようなデザイン、壁には4mおきぐらいにろうそくをつかんだ腕がヌッと出ているわけです。
 テーブルウエアはゴージャスで天井のシャンデリアのろうそくの火が揺れている空間です。


この地域はトリュフの産地で、地元のトリュフをたくさん使ったコースが季節メニューにあるのでそれをオーダー、産地で食べるトリュフはとても香りが強くびっくり!
 以前パリのレストラン、アランデュカスで食べたイタリアの白トリュフとは香りが違っていて、トリュフは産地、種類によっていろいろな香りがあるなあという感じでした。
 食事は、この空間にしてこの料理、凡庸を嫌うシェフの感性がいかんなく発揮されているというか、ほとばしっているという感じです。
 翌日、帰りのタクシーの中での感想は「不思議の国のアリスの世界に迷い込んだようだったね」


【ボルドー・ガラクタ(?)カーニバル】

時間が近づくと共にどこからともなくいろいろな山車が
集まってきます
これはゲームのキャラクター(大きい)

ボルドーに帰るとすでに夕方。
ボルドーではトラムというきれいな路面電車が1,3ユーロで1時間半乗り放題のため、便利、便利。

 「明日は残りの買い物を」と思っていると、その夜日曜日はデパートも専門店、お土産物店もすべてお休みという事が判明!
そうだった、ヨーロッパで何度も同じことを経験していながら、つい日曜日が休みという事を忘れていたのです。  どうする?

 翌日、ホテルのフロントで相談すると
「公園は開いている」
(…公園じゃねぇ…)と考えていると
「今日2時からカーニバルのパレードがある」との事、
「何のカーニバル?」「・・・」(答えなし)
「いろいろな人が出るお祭り」
という事で、「仕方ないから行ってみるか」という事でその会場の大通りまでトラムでGO。

 レストランは開いていたので、外が見える席を取り
フロマージュ(チーズ)、ステーキ,ド,タルタル(フランス風生牛肉のユッケ)
等と昼間から赤ワインを頼み(計画が狂って半分やけになっている)あまり期待をせず、カーニバルが始まるのを待ったわけです。

時間が近づくにつれ、どこからともなく「いろいろな人」や山車がぞくぞくと集まってきました。言葉はわからないですが、声を掛けてカメラでパチリ!

子供からお年寄りまで仮装というかコスプレというかとにかくこんな感じ
打楽器に合わせて踊るアフリカ風踊り子がいたり、アフロヘアー、フォークソングの若者
3mぐらいある人が寄ってくる(怖い、スカートだがたぶん男) 運転している人もこんな感じ

【日本をテーマとしたカーニバルグループ発見】

 中でも日本を扱ったグループはどこから資料を持ってきたのか力の入ったコスプレで、武士、姫、花娘、力士、足軽など盛りだくさん、

飾り付けをしたトラクターが引っ張る山車の正面には日本の国旗、のぼりには「お見舞い」(意味は解っていないと思う)「愛」(あい)「寛」(くつろぎ)(仏和辞典から探した漢字だと思うがもう少しで正解)
 角には生け花、女の子はサクラの枝を持ち、紙吹雪でお祝い、と日仏友好に力を貸しておりました(といっても日本人はメンバーにはおりません)
 このカーニバル、日本の健全パレードのつもりで見ていると…

かわいいだけで済まないのがこのカーニバルで、この山車の前の方にはこんな人形が置いてあり、クルクルまわっています。(不気味)
山車の中のお姉さま(日本女性)もちょっと怖いし色っぽ過ぎるでしょ。
3針金製のみの虫(古い靴がいっぱいつるしてある)大きな口のさかな(失礼だけどガラクタ?)恐竜?トリケラトプス?(でもガラクタ)
ぬいぐるみ号(網にいれたぬいぐるみが吊るしてある、耳は網から出ている)


一番ゲゲッと思ったのは、ぬいぐるみを積んだ荷車を引いた、ピエロを悪くしたような4人組み。

 1人が路上に、かわいいくまのぬいぐるみをたたきつけ、くまから出ている導火線に火をつける(ぬいぐるみの中に爆竹が仕掛けてある)

すると、ぬいぐるみが大音響と共に爆発、火花が散りけむりがモクモク、
そのぬいぐるみの内臓を引きずり出したり、それを蹴飛ばしたりして大さわぎ。

ピエロが反り返って喜び、もう一人のピエロは腹を抱えて道路に転げてまわり大笑い。(左写真)

音楽も何とも言えない異様なもので、パーフォーマンス?アート?おふざけ?わからないままカーニバルはおわりました。


最後尾が通り過ぎた後、清掃車が数台カーニバルが終った道路を走り回り、ゴミを収集、あっという間にもとのきれいな街へ戻りました。その手際の良さにもおどろき。

あまり期待していなかっただけに、カーニバルのパワーに巻き込まれ、終ってみると夢中になって楽しんでいた自分たちにもびっくり!
服や音楽、山車なども手作りでちょっと変なものも多かったけど、良く見るとセンスが「さすがフランス」って感じる部分も多いお祭りでした。



★よろしければこちらもどうぞ

日本に本格的ベッド専門店を作りたい!の巻
アメリカのベッド専門店は誰もが当たり前のように寝てみて選ぶわけですが、 それだけでなくとにかく安い!…
昼間のベッドの使い方ターンダウンって知っていますか?
日中のベッドについては解決策が乏しく、昼間、ずいぶん邪魔なように思われていますが、海外では昼間も積極的に使われて…
ダニ退治の有効な手段 60℃のお湯で寝具が洗える!?ヨーロッパのダニ退治の巻
ダニが引き起こす病気には、アレルギー性喘息、鼻炎などがあり、子供たちのアトピーもダニアレルギーやハウスダストが影響している…
フランスの感動色彩コーディネーションフランスの色・形 フランスの普通と日本の普通は違う!?
たとえばパリの布地屋さんなどに行くと、柄の付いた布や、織り方の違う布の組み合わせによって、素晴らしいハーモニーが生まれ…
クアラルンプールに行く理由 世界有数のゴムの産地・マレーシアはクアラルンプールから
先月(08年8月下旬)マレーシアのKL(クアラルンプール)にラテックスマットレスの試作品チェックに行ってきました…
いいベッドを体感するためにいいホテルに泊まるぞの巻
今回は比較的HOTなホテルとして、2006年2月に泊まって、寝心地で驚いたニューヨークリッツカールトンセントラルパークをご紹介…
食事や運動と同じく睡眠も成長に大切な要素です
研究授業「睡眠について」に参加しました
子供たちに理解してもらうために、分かりやすく書いた原稿が、 私たちの仕事の本質ではないか?…
欧米のベッドルームはどうなってるの!?EUスタイルはいかが?ヨーロッパ一流ホテルのベッドを写真で紹介!
ヨーロッパとアメリカのホテルに何回か泊まってみて、少しずつその違いが…
オーベルジュとカーニバル 美しいオーベルジュ、数世紀前のインテリア、そしてカーニバル 不思議の国に迷い込む
ボルドー空港に着いたのが2月29日。パリでは気温10度以下でコートを手放せなかったのですがフランスでもかなり南に来たボルドーは…
ニューヨークの忘れ物 「冬はつとめて」・・・何とも冬のNYの早朝の趣のある事!
息子の通うNYの高校では、この時期ペアレンツデーという催しが学校であり、今年も11月の後半に行ってきました…

コメントする

名前

URL

コメント

商品カテゴリ

サイズから選ぶ

マットレス

ベッドフレーム

寝装品

ブランドから選ぶ

人気ランキング

¥5,547(税込 ¥5,990)

¥5,547(税込 ¥5,990)

¥3,695(税込 ¥3,990)

¥19,900(税込 ¥21,492)

¥23,056(税込 ¥24,900)

¥13,797(税込 ¥14,900) ~

¥14,723(税込 ¥15,900)

¥12,871(税込 ¥13,900)

¥5,454(税込 ¥5,890)


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 営業はしておりますが大型商品の出荷はお休みです
  • 実店舗の定休日

お問合せは年中無休
TEL.087-847-8800
FAX.087-847-8860
お問合せ受付時間10:00~17:00

ページトップへ