会社情報

事業内容



オフィス
経理/労務/人事
商品部
商品開発/商品選定/海外商品発注業務/品質管理
PD
ページデザイン/パッケージデザイン
EC
受注管理/WEBお客様対応/WEB広告管理
実店舗運営
売り場維持管理/接客対応
SC
システム推進/在庫管理/国内商品発注業務/棚卸管理
DS
出荷/帳票作成/クレーム処理
DC
宅配準備/配達運営/倉庫管理/返品作業/廃棄処理

ベッドアンドマットレスの歩み

賞
ベッドの歴史の深いヨーロッパで学びつつ、2000年からベッドとマットレスに特化した専門店を香川県でオープンさせ、現在では実店舗3店、ウェブ店舗6店を運営、2016年9月25日には、楽天市場店が出店10周年を迎えることができました。
2014年、2015年、2016年と楽天市場店は中四国ショップ・オブ・ジ・エリアを3年連続受賞。ヤフー店もエリアアワード2015、2016、香川県DIY・インテリア部門受賞と着々とファンを増やし、大きな賞をいただけるまでに成長しております。これらの実績はベッド専門店として日本でも比類の無い評価といえます。
2000年から海外工場で独自のマットレスとベッドフレームを作り始め、ベッドの歴史の深いヨーロッパやアメリカで学び、オンラインショップでランキング1位を何度も受賞しています。
2014年からは特にプライベートブランド商品の開発・拡充に力を入れ、ベッドとマットレスの周辺アイテムとして、寝装品の自社ブランド「デイリーコレクション」も誕生しました。そのラインナップのひとつとして販売を開始した2台用サイズのマットレスカバーなど、お客様の声を聞きながら、お客様と足並みをそろえた商品開発で現在もなお、大きく売上を伸ばしています。
「メンバー全員が商品部」を合言葉に、快適な眠りのための商品の特長、特性などをしっかりとお客様に伝えられるように努力し続けています。

トップからのメッセージ

人生の3分の1はベッドの上で過ごすといわれ、睡眠にこだわる方が近年ますます増えています。そしてベッドの大切な寝心地を左右するのがマットレス、まくらなどの寝具です。
私がアメリカに行って感動した「良い眠りを売る店」を日本で出来ないか?という思いのもと、良い眠りの環境作りに必要な商品を海外直輸入で安くご紹介するため2000年、「ベッドアンドマットレス」は誕生しました。
日本では眠りに一番影響を与えるものとして、「まくら」をあげる方が多いとTVで見たことがありますが、私は「マットレス」が同等かそれ以上重要であると思うのです。 ただ、日本ではそれを確かめる機会がない!これが問題です。日本では敷き布団を買うときに「ためし寝」せずに買う場合が多いのです。
そこで日本でアメリカのように実店舗において「寝て選ぶ専門店」が出来ないか?という考えのもと当店が生まれたのです。また、アメリカのベッド専門店は誰もが当たり前のように寝てみて選ぶわけですが、 それだけでなくとにかく安い!!商品によっては日本の3分の1価格なわけです。当社もがんばります!
現在、ベッド&マットレスは四国の香川県に3店舗、ウェブ店舗が5店舗、 「お客様に寝心地を確かめていただきながら、マットレスを選んでいただける店」として定着しつつあります。良い商品を提供し続けることで、社会に何らかの形で貢献をすること「この店があってよかった」と思われる会社にしたいですね。

会社概要

ベッドの歴史の深いヨーロッパで学び、2000年1月、ベッドと マットレスに特化した専門店を香川県でオープン、現在では実店 舗 3 店、ウェブ店舗6店を展開。
企画開発・製造から流通・販売までを行う製造小売業として、ベッドにまつわる寝具全般にわたる商品群を販売しています。
社名
株式会社ベッドアンドマットレス
本社
〒761-0323 香川県高松市亀田町 47-2
ことでん長尾線 池戸駅 徒歩10 分
Tel:087-847-4408 Fax:087-847-8860
代表者
谷本 善一
設立
2000 年 1 月 4 日
資本金
2,500 万円
従業員数
47 人(うち女性 30 人)
店舗数
実店舗:香川県内3店舗
ネットストア:6店舗
主な事業
ベッド・マットレス専門店事業の運営/商品企画/開発/卸しおよび販売


ベッドアンドマットレスウェブ本店 / ベッドアンドマットレス楽天市場店 / ベッドアンドマットレスPayPayモール店 / ベッドアンドマットレスAmazon店 / ベッドアンドマットレスauPAYマーケット店 / バリューベッディング

亀田本店 / 屋島店 / 宇多津店(すべて香川県)

採用情報

rec.gif

メンバーの中には子育て中の女性も多く、皆さんの将来においても働きやすい職場であると当社では考えております。近頃いろいろな働き方が望まれる中、短いパートタイム勤務から、子どもが大きくなるにつれて長時間勤務へのシフトを考えるメンバーも増え、活躍しています。フレックスタイムを導入した部署もあり、社内では様々な勤務体系がありますが、当社ではレーバースケジュールをしっかり管理し、コミュニケーションもしっかりとれる、成長できる環境を整えています。
例えば、休日の大型セールや学校の振替休日など、預ける人がいない場合などでも、子どもたちはメンバーに付き添われ、席の側で宿題をしたり遊んだり、オフィス内で安心してゆったりと過ごす場面もみられます。



法令遵守基本方針

ベッドアンドマットレスは、次の7原則に基づき、国の内外を問わず、倫理・法令およびその精神を遵守してまいります。



1. 健全な企業経営
適正な組織運営を行うとともに、積極的かつ公正な企業情報の開示により、健全な企業経営を行います。

2. 安全で安心な商品・サービスの提供
商品・サービスの品質管理を徹底するとともに、適正な販売環境を整備します。

3. 公正な取引
公正、透明、自由な取引を維持します。また政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。

4. 適正な情報管理
事業活動上、知り得た個人情報および機密情報を適正に取扱います。

5. 環境への配慮
地球環境保護は、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的にその活動に取組みます。

6. 職場環境の整備
従業員のゆとりと豊さを実現し、働きやすい職場環境を確保するとともに、従業員の人格、人権を尊重します。

7 . 反社会的勢力等との遮断
社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体との一切の関係を遮断します。



2017年4月1日制定
株式会社ベッドアンドマットレス
代表取締役社長 谷本 善一

CSR活動




当社は2000年、欧米にある「寝ながらベッドを選べる専門店チェーン」を日本で作る事を目指して設立されました。

その当時ベッド専門店はベッドメーカーのショールームか単独店または家具店の別館としてしか無く、ベッドのみの販売で多店舗化を行うのは日本でも初めてのチャレンジでした。アメリカ・ヨーロッパのベッド専門店を何度も廻ることによりその気持ちはさらに強くなり、その後、5年程で5店舗を出店1店舗を閉店し、2006年9月、楽天に出店させていただきました。WEB店舗を作ることにより、日本中に良い眠りをお届けする事ができれば、という考えでの出店でした。

私がベッドのチェーンストアを目指した動機は、非力ではありますが「より多くのお客様により良い睡眠を得ていただく事を一生を賭けて行おう」とするビジョンを描いたからであります。そしてベッドアンドマットレスがお客様の睡眠のために役立つ店で有り続ける事を願って。当店の入り口には1号店の創業時から「Good sleep is our business(良い眠りをお届けすることが私たちの仕事です)」と表記させていただきました。

そのような歴史の中、当社では、お客様に良い眠りを届けする事、貢献する事を使命としてメンバーすべてが営業活動に従事していると考えています。

楽天を出店した翌月(2008年10月)には楽天で月商40万円を売り上げ、大喜びしたのを鮮明に覚えています、その後も暗中模索の中での営業でしたが、WEB販売の可能性を信じ日々改善を繰り返しつつ、近道をしない商売を心がけようと努力してまいりましたつもりです。

日本で初めて行った寝心地の保証、部材交換の保証などの無料交換サービス、税込・送料込みのわかりやすい総額表記、今までにない機能を持った低価格PB(プライベートブランド)の開発、その中では2台のマットレスを一度にカバーできるベッド用品3点セットなど、とてもご支持をいただいております商品もございます。
そして、2014年3月には月商1億円を突破し売上件数で4800件を記録いたしました。これもひとえにお客様の厚いご支持によるものであると感謝の念に堪えません。

2015年、15年の節目を機に当社の設立の目的にもう一度立ち返り「良い眠りをお届けする」という趣旨で考える機会を作らせていただきました。
そして、世界的に恵まれない人々の睡眠にも寄与すべく、社会貢献活動(CSR)として、子供たちへユニセフを通じて「毛布」と「蚊帖」を継続的に寄付させていただく事を決意いたしました。

毛布が届けられる事により、小さな子どもたちの日常あるいは緊急の状況下においての低体温を防ぐとともに、その家族にも快適さとぬくもりをもたらします。 蚊帖につきましても、およそ627,000人もの人々が毎年マラリアで命を落としており、そのうち約90%がアフリカの人々です。また、そのほとんどが5歳未満の子どもたちです。お母さんと子どもたちが安心して眠れるように殺虫剤処理をほどこした蚊帳は、夜に活動するマラリア蚊に対して簡単かつ有効な対策となります。

今後とも、営業活動を通じて皆様の良い眠りに寄与するだけでなく、積極的に良い社会づくりにも貢献する企業を目指してまいりたいと考えています。これからもベッドアンドマットレスをよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 谷本善一

※一緒に働いている仲間をメンバーと呼びます。





ページトップへ