ネムリエ社長のきまぐれコラム

いいベッドを体感するためにいいホテルに泊まるぞ

ベッドを扱っていると、いろいろなベッドを試してみたくなります。 どの世界でも同じでしょうが、 自分では、すばらしい見たことも無い商品だと思っても、それは、単に「自分の知識が少なかった」からであったり、その商品は、隣の町では、誰でも知っている普通の商品かも知れないのです。つまり「井の中の蛙」かも知れないのです。

国内のブランドは、比較的体感しやすかったのですが、ベッド先進国である欧米では、どのようなベッドが人気があるのか?そう考えると、いいマットレスを体験するため、海外のベッド専門店で試し寝するだけではなく、 旅行中にいいホテルに泊まり、そのベッドで実際に眠ることが、より良い方法だと考えるようになったのです


そのきっかけになったお客様の話はフォームマットレスのページに書きましたので分かっていただけると思います。そこで、このコラムではベッドという切り口を中心に世界各地のホテルやベッドをご紹介しようと思います。

今回は比較的HOTなホテルとして、2006年2月に泊まって、寝心地で驚いたニューヨークリッツカールトンセントラルパークをご紹介します。 ニューヨークにはセントラルパークより以前にリッツカールトンバッテリーパークがオープンしていますので、 2軒のリッツカールトンがあるわけです。(その後08年にホワイトプレーンにオープンしたので現在3軒でしょうか)
日本には、東京と大阪にあります。ちなみに大阪では、マットレスブランドはスプリングエアーを使用していました。(このマットレスは、日本では非常に珍しく、実際にホテルで寝る機会を作るのはとても困難です。しかも、メイドインUSAのマットです)現在順次日本ベッドに変わりつつあります。
もうスプリングエアーは無くなったかな?


話をNYに戻します。ここのベッドの形状はダブルスプリング。一流ホテルは国外、国内を問わず、ほぼこの形状です。ヘッドボードは壁付け、これもアメリカ、ヨーロッパでは普通の形、日本ではたまにL字金具で立てていたりします。

マットレス部分を足元に引くと、ヘッドボードとマットレス部が離れるタイプです。ベッドメイキングや、掃除がしやすいので、ホテルのように短時間で多くの部屋をメイキングする場合便利なのです。もちろん家庭でも便利です。

以前、アメリカで建売住宅を見に行く機会がありまして、その家のベッドルームをみると、 ヘッドボードのみが壁に付いていて、「マットレスはその家を買った人が好きなものを買ってね」といわんばかりの部屋でした。

日本でもこの形状(ダブルスプリング)がもっと多くなってもいいのではないかと思うのですが? このサイトでも売っているので、ご検討ください。

驚いたのは、寝心地でして、いままで、いろいろなホテルに泊まり、座っただけでブランドを当てられるか?という遊びを妻としていたのですが、マットレスに座ると「???」。 「???」の意味は、初めての感覚で、ポケットコイルとも、ボンネルやシーリーともまた、ヨーロッパのフォームマットレスとも違う感じ、感触はソフトで、さわやか、大きく揺れるアメリカタイプでは あるが、寝た感触が暖かい自然な感じ。

早速、掛ふとんとアッパーシーツをはずしてみると、出てきたのが、ボックスシーツ?日本で家庭用として、よく使われている形状ですが、ホテルでは、平シーツを使うのが普通ですので、なんでまた??そのボックスシーツをめくってみると、出てきたのは なんと、5cmほどの羽毛のトッパー!!


このトッパーにより、このホテル独特の寝心地を作っていたのです。
すばらしいクッション性、さわやかな吸湿発散性、その下のシーリー(リッツカールトン特製)マットレスとのコンビネーションにより、この寝心地が生まれたのかと、少し感動しました。
写真で判るかどうか?結構羽毛がトッパーから出たりしていて、この、羽毛を閉じ込めるためのボックスシーツなのでは(推測ですが)と、思ったしだいです。







★よろしければこちらもどうぞ

日本に本格的ベッド専門店を作りたい!の巻
アメリカのベッド専門店は誰もが当たり前のように寝てみて選ぶわけですが、 それだけでなくとにかく安い!…
昼間のベッドの使い方ターンダウンって知っていますか?
日中のベッドについては解決策が乏しく、昼間、ずいぶん邪魔なように思われていますが、海外では昼間も積極的に使われて…
ダニ退治の有効な手段 60℃のお湯で寝具が洗える!?ヨーロッパのダニ退治の巻
ダニが引き起こす病気には、アレルギー性喘息、鼻炎などがあり、子供たちのアトピーもダニアレルギーやハウスダストが影響している…
フランスの感動色彩コーディネーションフランスの色・形 フランスの普通と日本の普通は違う!?
たとえばパリの布地屋さんなどに行くと、柄の付いた布や、織り方の違う布の組み合わせによって、素晴らしいハーモニーが生まれ…
クアラルンプールに行く理由 世界有数のゴムの産地・マレーシアはクアラルンプールから
先月(08年8月下旬)マレーシアのKL(クアラルンプール)にラテックスマットレスの試作品チェックに行ってきました…
いいベッドを体感するためにいいホテルに泊まるぞの巻
今回は比較的HOTなホテルとして、2006年2月に泊まって、寝心地で驚いたニューヨークリッツカールトンセントラルパークをご紹介…
食事や運動と同じく睡眠も成長に大切な要素です
研究授業「睡眠について」に参加しました
子供たちに理解してもらうために、分かりやすく書いた原稿が、 私たちの仕事の本質ではないか?…
欧米のベッドルームはどうなってるの!?EUスタイルはいかが?ヨーロッパ一流ホテルのベッドを写真で紹介!
ヨーロッパとアメリカのホテルに何回か泊まってみて、少しずつその違いが…
オーベルジュとカーニバル 美しいオーベルジュ、数世紀前のインテリア、そしてカーニバル 不思議の国に迷い込む
ボルドー空港に着いたのが2月29日。パリでは気温10度以下でコートを手放せなかったのですがフランスでもかなり南に来たボルドーは…
ニューヨークの忘れ物 「冬はつとめて」・・・何とも冬のNYの早朝の趣のある事!
息子の通うNYの高校では、この時期ペアレンツデーという催しが学校であり、今年も11月の後半に行ってきました…

商品カテゴリ

サイズから選ぶ

マットレス

ベッドフレーム

寝装品

ブランドから選ぶ

人気ランキング

¥5,547(税込 ¥5,990)

¥5,547(税込 ¥5,990)

¥3,695(税込 ¥3,990)

¥19,900(税込 ¥21,492)

¥23,056(税込 ¥24,900)

¥13,797(税込 ¥14,900) ~

¥14,723(税込 ¥15,900)

¥12,871(税込 ¥13,900)

¥5,454(税込 ¥5,890)


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 営業はしておりますが大型商品の出荷はお休みです
  • 実店舗の定休日

お問合せは年中無休
TEL.087-847-8800
FAX.087-847-8860
お問合せ受付時間10:00~17:00

ページトップへ